AX
スポンサードリンク

2008年10月25日

子猫を飼う前に準備するもの3

koneko400.jpg

子猫と暮らし始めたら、と人間が安心して快適な生活ができるように、できれば揃えたいものをご紹介します。


首輪

室内飼のが万が一、外に出て行ってしまったときに、首輪に連絡先が書いてあると探しやすいです。首輪をしておくと、の脱走、迷子、緊急の災害時に、が戻ってくる確率を高めます。
外猫であっても、首輪をつけている=飼い猫であることをアピールできるので、安全度が高まります。

またセーフティバックルは、強く引っ張ると外れて安全です。


グルーミングバッグ

グルーミングバッグは、ポリエステルメッシュ製の入浴ネット。首だけ出して体をすっぽり入れられるので、シャンプー時にが暴れてもコントロールできます。動物病院に連れて行くときにも便利です。
グルーミングバッグは、爪切り、耳の掃除などにも使えます。


ねこちゃんのシャンプーの必需品!グルーミングバッグペットのお手入れ用多機能メッシュバッグ...


サークルケージ

サークルケージ子猫のときから慣れさせておけば、病気で入院する場合に、ストレスを最小限に抑えられます。

掃除食事のとき、来客時など、を自由に行動させたくないときに入れておくのに便利です。が苦手な来客にも使えます。
先住猫がいて新入りが来るときもケージがあると便利です。

ただし、1度もサークルケージに入ったことのない成猫外猫ケージを嫌がる場合があるので、子猫のときから慣れさせておきましょう。


歯磨きセット

子猫の時から歯磨きを習慣化すると良いです。
歯周病になりやすいので、歯磨きはできるだけしてあげましょう。
腎臓病になりやすいですが、そのとき腎臓には、歯周病菌がいることが分かりました。

子猫のうちから歯磨きをやっておくと、とても上手に磨かせてくれるようになるので、人間が楽に磨けます。
子猫の時から歯磨き習慣を付けましょう。
ジェル液体シートのものまでいろいろな歯磨きが市販されています。


キャットタワー

は高いところや狭いところが大好きです。
はとくに高低差のあるところでの運動を好むので、キャットタワーのような上下運動できるものがあると喜びます。

キャットタワーがあると留守の時や夜でも退屈しないので、用意してあげましょう。また、キャットタワーの支柱は縄が巻いてあり、そこで爪とぎもできて便利です。


ペット用ウェットティッシュ

ペット用ウェットティッシュは、涙や目やにを拭いてあげたり、おしりや足の裏のちょっとした汚れを取るのに役立ちます。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 12:28 | 猫の飼い方育て方

2008年10月24日

子猫を飼う前に準備するもの2

midori400.jpg

子猫暮らし始めたら、猫と人間が安心して快適な生活ができるように、ぜひ揃えておきたいものをご紹介します。


おもちゃ

子猫はよく遊びます。おもちゃで噛んだり、走ったり、飛び跳ねたり、といった本能的な欲求を満たしてあげます。おもちゃを使わないときは、猫の手の届かないところに保管すると安全です。


爪とぎ

布やダンボール製、縄を巻いたもの、またたびの臭いがするもの、いろんなタイプの猫の爪とぎ器
が市販されています。子猫がもっとも好むものを探してみましょう。

愛猫のお気に入り爪とぎ。128円でまたたびつき。5箇所に設置しています。


お手入れ用品

爪きりのみ取りクシ綿棒を用意しましょう。
長毛種の場合はブラシ猫用シャンプーリンスも、必要です。


猫用救急箱

普段から猫のケガや事故などに備えて用意しておくと便利です。
ハサミ、ピンセット、毛抜き、スポイト(薬などを飲ませる)、ペット用体温計、軍手、使い捨てビニール手袋、洗濯ネット(猫が暴れるときに)、タオル、獣医に処方された薬などを入れておきます。


猫草

種を買ってきて、育てると安く安全な猫草が育てられます。
また一鉢300円くらいで市販されていますとくに室内飼いで育てる場合は、必要です。


猫草はこちらが便利でお手ごろ価格です


消臭グッズ

最近は猫に無害で良い消臭グッズ消臭剤が市販されています。


バスタオルタオルぞうきん

子猫専用のバスタオルやタオル、ぞうきんを用意します。


ロールクリーナー

いわゆるコロコロですね。ソファや布団、衣服に付いた猫の毛を掃除するのに便利です。



スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 11:22 | 猫の飼い方育て方