AX
スポンサードリンク

2016年01月15日

猫にコーヒーミルクは?

cat (2).jpg
猫専用ミルクが安心です


猫にコーヒー用のミルク(コーヒーフレッシュ)は、
与えてはいけないのでしょうか?


[猫にコーヒーミルクは?]



■コーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)とは?

アイスコーヒーに入れる小型容器に入ったポーションミルク、
あれがコーヒーフレッシュです。

牛乳とは成分が大きく異なり、
人間にとってもあまり体に良くないものとされ、話題になっています。

コーヒー用ミルクにも、植物性脂肪のもの、乳脂肪のもの、
どちらも含まれたものと、細かく分けると種類があります。

どのタイプも脂肪分がたくさん含まれていて、
牛乳や生クリームなどは一切含まれていません。

猫にとって脂肪分は大切な栄養素の一つですが、
あまり人間にも良しとされていないものですから、
やっぱり猫にも与えるべきではないのでしょうか?


cat (1).jpg
水分はお水がいちばん!


■コーヒーミルクで猫が下痢をする?

脂肪分を過剰に摂取すると、体内に吸収しきれなかった脂肪が便に残り、
下痢になってしまうことがあります。

また、実際に猫にコーヒーミルクを与えたという飼い主さんの話では、
下痢になった上に悪臭がしたとの報告もあり、
与えるべきものではないのが分かります。

この悪臭の原因は、恐らく腸内環境の乱れによるものだと思います。
コーヒーミルクは猫の腸内のバランスを乱し、下痢を起こさせる原因になります。

・猫専用のミルクを与えましょう
猫用のミルクは、脂肪分も少なめで、乳糖も含まれていません。

ただし、ドライフードと比べて非常に高カロリーになっているので、
ミルクを与える時は、ミルクの量、普段のフードの量を調節する必要があります。

・乳糖不耐症の猫に注意すること
先ほど、猫用のミルクには乳糖が含まれていないと紹介しましたが、
これは、乳糖不耐症の猫がいるからです。

乳糖不耐症というのは、牛乳に含まれている乳糖を分解する酵素が、
生まれつき、少ない猫のことで、
牛乳を飲んだ時に下痢を起こしてしまいます。


猫に与えるミルクは、牛乳でも、コーヒー用ミルク(コーヒーフレッシュ)でもなく、
きちんと、猫用のミルクを与えると安心です。

>>猫に危険な食べ物


スポンサードリンク
タグ:
posted by 猫 種類 飼い方 at 08:57 | 猫Q&A

2016年01月11日

猫 室内飼いの長所と方法

cat (2).jpg
俺様の縄張りだぜ! ←この意識が猫に危険を


狭い家の中のみ(室内飼い)で過ごすのは、猫にとって、窮屈そう、
そう思う飼い主さんも多いのですが、これは、人間の思い込みです。

決して、室内飼いの猫が、かわいそうなわけではありません。
猫にとって屋外にひとりで出ることは、非常にリスクの高いことなのです。


■猫の室内飼いの長所

猫の死因、第一位は「感染症」です。
この感染症に含まれる病気は、猫エイズや、猫白血病などがありますが、
この感染症もまた、屋外でうつるケースが極めて高い感染症です。

こういった感染症に感染している野良猫などとケンカしたり、
接触することによって、感染症にかかり、命を落としてしまうのです。

猫の死因、第二位は「交通事故」です。
これは言わずもがな、屋外に出ることが原因になっています。

経験した方ならご存知でしょうが、顎が外れ、内臓が破裂するなど、
猫の交通事故ほど悲惨なものはありません。

死因の上位2つは、全体の約3割を占めるものとなっていますので、
猫を屋外に出すのはとても危険であることが分かります。


cat (1).jpg
見たことがないので、お外に興味ないでしゅ


■室内飼いの猫にする方法

元々野良猫だった猫などは、外に出たがるかも知れませんが、
子猫のうちから室内猫として育てれば、
外に出たがることは、段々少なくなってきます。。

時折、窓の外をじ〜っと眺めることもありますが、
”出たい”と思ってるわけではありません。

完全室内飼いの猫にとっての縄張りは、自宅の中だけ。
縄張りの外に出ようって気持ちは猫にはないのです。

ただし、一度外に出た猫は違います。
自分の出た外の世界もまた、自分の縄張りだと認識するので、
一度も出さない、外界を体験させないことが重要になります。

現在、日本では猫の室内飼いが推奨されています。
動愛法(動物の愛護及び管理に関する法律)の中でも、
原則として、屋内での飼育に努めるべきと、書かれています。

飼い猫であるにも関わらず、飼い主のいない時、
ひとりで猫が出歩くのは、飼い主の責任になってしまいます。

その時に他人の庭で排泄する、他人の子供にケガをさせた、
などのトラブルがあれば、損害賠償を請求されることだって考えられます。

法律の観点からいっても、猫の健康面・安全面からいっても、
室内飼いにするのが基本であるといえます。

>>猫の室内飼いに関する記事
[室内飼い猫] ブログ村キーワード

スポンサードリンク
タグ:室内飼い
posted by 猫 種類 飼い方 at 08:44 | 猫Q&A