AX
スポンサードリンク

2012年05月26日

猫の泌尿器のしくみ

cat (3).jpg


尿を作っておしっこを出すための気管をまとめて、
泌尿器とよびます。
猫や人間を含めた、哺乳動物の泌尿器の仕組みは、
基本的に同じで、腎臓で尿を作り、
輸尿管から膀胱へ運ばれます。
最終的に膀胱から、尿道を通り、排泄となります。


■腎臓のしくみ

腎臓は血液中の老廃物を処理するしくみをもっています。
また、体内の水分やミネラルの量を調整するのも、
腎臓のしくみです。

腎臓の中にあるネフロンと呼ばれる気管は、
老廃物を処理する上で、最も重要だといわれている器官です。

動脈から腎臓に送り込まれた血液は、
まず、糸球体のろ過膜でろ過されます。
この時に、不要物や余分な水分がろ過膜を通ると、
これが尿となり、体外へ排出されるしくみとなっています。
ろ過され、綺麗になった血液は、
腎臓の静脈へと流れていきます。

ろ過されたばかりの尿は、現尿と呼ばれ、
体外に尿として排泄される尿の量よりも100倍ほどもあります。
現尿は、尿細管を通るうちに、毛細血管に水分を吸収されるため、
尿として出る水分量は少なくなっています。

またこの時、糖分やミネラル分も血液中に取り込まれます。
逆に尿の中にも排出されます。
こうして、腎臓は、水分やミネラル、糖分など、
さまざまなものの体内量をバランスよく調節していきます。

ネフロンがこうしたはたらきを行うには、
腎臓を通る血管の血圧が保たれている事が前提です。
そのため、腎臓の入り口には血圧を一定に保つしくみがあります。


■尿道のはたらき

猫や人間、犬などの哺乳動物は、
メスが太く長い尿道を持ち、オスが細く短い尿道をもっています。
雄猫の場合、膀胱から出た尿道は先端にいくにつれて、
非常に細くなっているため、雄猫は、スプレーをすることができます。
スプレーは、雄猫が自分の縄張りを主張するマーキングです。

しかし、こういった役割がある中で、
雄猫の尿道に結石が詰まりやすくなってしまう原因にもなっています。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 17:00 | 猫の病気 泌尿器

2012年05月15日

猫の泌尿器の病気について

cats (14).jpg


腎臓病気なりやすい

猫は、腎臓の病気になりやすい動物です。
その理由は、はっきりと分かっていません。
しかし、理由の1つとして、
猫の腎臓のネフロンの数が少ないことといわれています。

犬の腎臓の中には、1つの腎臓に、
大体40万個のネフロンがあるといわれています。
人間の腎臓の中には、1つの腎臓に、
大体100万個以上のネフロンがあるといわれています。
しかし、猫はどうでしょうか?
1つの腎臓の中にネフロンが犬の約半分、
20万個ほどしかありません。
これが原因の1つだと考えられています。

健康な猫の場合には、腎臓の中のネフロンが、
体の約30%ほどしか使われていません。
これはネフロンが、一度こわれてしまうと、再生しないため、
余裕をもってつくられているからです。
しかし、ネフロンの60%以上が壊れてしまった場合や、
ネフロンのはたらきが低下してしまった場合などに、
腎不全の症状があらわれます。

ネフロンは、体内の老廃物を処理する役目があります。
タンパク質や、炭水化物、脂肪という3大栄養素の中、
脂肪と炭水化物は、体内で燃焼すると、
炭酸ガスと水になります。
タンパク質を燃焼した場合には、老廃物として、
窒素化合物ができあがります。

窒素化合物は、筋肉やホルモン、酵素をつくるために、
必要な物資でもありますが、少し変化をすると、
アンモニアなど、必要ではない有害な窒素化合物になります。

そこで、窒素化合物を処理する必要がでてくるのです。
猫の腎臓のはたらきが低下してしまうと、
これらを処理する能力がなくなり、病気になってしまいます。
腎不全や尿毒症などがその病気です。


結石できやすい

一方、猫は尿中の中に結石ができやすいともいわれています。
猫の祖先は、アフリカの乾燥地帯に住んでいたため、
水分をバランスよく使うしくみを持っています。
その1つに、尿を濃い状態まで濃縮するはたらきです。
しかし、その尿がアルカリ性になると、
尿中に結石ができやすくなってしまいます。

通常、哺乳動物の尿は弱アルカリ性ですが、
猫の尿は、弱酸性なので、健康な食生活を送っていれば、
尿が濃縮されたとしても、結石ができることはありません。

しかし、ミネラル分を摂取し、アルカリ性になると、
尿結石ができるようになってしまいます。
特に雄猫は、尿道の先が細くなっているため、
結石が途中で詰まり、排尿が困難になることがあります。
この病気は、下部尿路症候群といわれ、
猫にとって、大変深刻な病気の1つでもあります。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 18:00 | 猫の病気 泌尿器