AX
スポンサードリンク

2011年11月03日

猫の胆管肝炎症候群の症状 原因 治療2

lovelycat22.jpg


非化膿性胆管肝炎症候群症状

化膿性の胆管肝炎症候群と同じく、
肝臓や胆管が炎症を起こしてしまう病気です。
こちらの記事では、非化膿性の胆管炎症候群について、
説明していきます。

非化膿性の胆管肝炎症候群の場合、
食欲がある時とない時の差が激しくなります。
また、時々、嘔吐や下痢といった症状があらわれ、
ぐったりと眠っている時間が多くなります。

猫の食欲が旺盛な時もあるため、発見が、
遅れてしまいがちな病気ですので、気を付けなければなりません。

症状が進行すると、肝臓が腫れ大きくなり、
黄疸の症状が現れることもあります。
またこの病気にかかりやすいのは、5歳〜6歳以降の猫で、
はじめは軽い症状、2ヶ月以上かかって徐々に進行していきます。


非化膿性胆管肝炎症候群原因

猫の免疫が体内に侵入した病原体などを、
取り除こうとするために起こるといわれています。

肝臓の細胞が損傷を受けたときには、肝臓は物質を出します。
これに免疫細胞が過剰に反応すると、炎症を引き起こしてしまいます。

この病気は、3つの種類に分けられます。
1つ目は、免疫細胞であるリンパ球や形質細胞が異常になる。
2つ目は、胆管が硬くなってしまう。
3つ目は、リンパ球が増殖し、リンパ腫などを発症してしまう。
この3つの種類によっても、治療方法が異なってきます。


非化膿性胆管肝炎症候群治療

まずは、この病気の原因となっている病気を取り除くことが先決です。
また、肝リピドーシスを併発してしまっている場合は、
その治療も同時に行わなくてはなりません。

胆管が固くない場合、閉鎖もしていない場合は、
免疫抑制薬を与え、免疫の異常な働きを抑えます。
この免疫抑制薬は、胆汁や肝臓の組織に貯まる胆汁酸が引き起こす炎症も、
抑えてくれる役割があります。


非化膿性胆管肝炎症候群に関連する病気

化膿性の胆管肝炎症候群、肝リピドーシス、リンパ腫など

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 11:00 | 猫の病気 肝臓とすい臓

猫の胆管肝炎症候群の症状 原因 治療1

love cat (14)1.jpg


化膿性胆管肝炎症候群症状

猫の胆管や肝臓の炎症が起こる病気です。
肝臓と胆管はつながっているので、どちらか片方の炎症でも、
どちらともの炎症に繋がってしまうことがあるので、
気を付けなければなりません。
どちらも炎症してしまった状態を「胆管肝炎症候群」と呼びます。

メス猫よりも、オス猫に良く見られるこの病気は、
発熱や食欲不振などの風邪の症状に加え、
腹痛や黄疸などの急性症状が出ることもあります。
病気が進行し、ひどくなると、嘔吐や下痢といった症状も出るため、
脱水症状にも気を付けなければいけない病気の1つです。
また、食欲不振が何日も続くと肝リピドーシスも、
併発することがあります。


化膿性胆管肝炎症候群原因

肝臓や、胆管が細菌に感染してしまうと、
化膿性の炎症が起こります。
炎症性腸疾患や十二指腸炎、膵炎などが原因となって、
肝臓や胆管の炎症を引き起こすこともあります。

特に、胆管閉鎖症と呼ばれる胆管が詰まってしまった場合は、
症状が重く現れ始めます。
胆管の中に腫瘍ができてしまったり、胆石が詰まってしまったり、
腫れてしまっている場合は、胆汁が胆管内にたまり、炎症を起こします。


化膿性胆管肝炎症候群治療

動物病院では、触診のほか、血液検査や、
X線検査、超音波検査を行います。
この化膿性の胆管肝炎症候群の場合、血液検査で、白血球の数が、
増えてしまっていることからわかるので、血液検査は必須です。

猫の体力を維持するため、点滴を打ちます。
細菌が原因と見られる胆管肝炎症候群の場合には、適切な、
抗生物質を与えます。これは、治療だけではなく、
二次感染を防ぐ役割もあります。


化膿性胆管肝炎症候群に関連する病気

炎症性腸疾患、十二指腸炎、膵炎など

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 08:51 | 猫の病気 肝臓とすい臓