AX
スポンサードリンク

2013年05月04日

猫 交通事故|習性を知り危険から救おう

cat (14).jpg
事故にあったら助けてくださいにゃ〜


猫は交通事故に遭いやすいと言われています。
当然、犬と比べれば放し飼いにされていることが多い猫は、
その危険も高いということになります。

猫はその習性によって、交通事故に遭いやすいと言われます。
それは一体、なぜなのでしょうか?


■交通事故と猫

交通事故は、本当に怖いものです。
猫を放し飼いにしている方は、いつか轢かれてしまうんではないかと、
ビクビクしているのではないかと思います。

室内飼いができれば1番良いのですが、
猫アレルギーのある家族などと、同居している場合は、
外で放し飼いにするしか方法がないケースも多く、
外に自由にいける猫というのも、少なくありません。

東京都では、1年間に2万匹以上もの猫が路上で収容されると言いますから、
やはり、猫の交通事故は本当に多いとということが分かります。

私も、交通事故で猫を2匹失いました。
2匹とも頭を打たれアゴがずれていて即死だったと思います。
自動車を憎みましたし外に出した自分を悔やみました。


nekotati.jpg
自動車には、いつも注意していますにゃ!


■猫が交通事故にあいやすい理由

猫は、1度来た道を通り抜けるか、引き返すかわかりません。
車が来ようと進むか戻るか留まるか、そのケースによります。

また、運転者でクラクションなどを鳴らす人も居ますが、
猫は大きな音にビックリして、かえって混乱し動作が乱れます。

また、狩りの習性のある猫は、身を潜めた段階より、
一気に目標へ近づこうとする習性があります。
急に飛び出てくる猫というのは、この習性があるためなのです。

猫の交通事故は、夜間に起こりやすいと言えます。
猫の目は、人間よりも光を取り込んでしまうため、
夜は光彩を広くして、光をコントロールしています。

その夜の目にヘッドライトなどの明るい光がいきなり飛び込んでくると、
猫の目は眩み、動けなくなってしまうのです。
こういったことからも交通事故にあいやすいと言えます。

ですので、日が暮れたら猫を野外に出さないことをお勧めします。 


■もしも交通事故にあったら
・猫の交通事故によるケガの処置は?
・猫の骨折と対処 応急手当は?


スポンサードリンク
タグ:交通事故
posted by 猫 種類 飼い方 at 16:31 | 猫の事故や怪我の応急処置

2012年04月16日

猫の緊急の対処|ハチ ヘビ カエル 感電

cats (9).jpg


普段、屋外で暮らすことが多い猫たちは、
外でどんな危険にあうか分かりません。
傷を負ったまま帰ってくるということがあるかも、
知れません。

猫が下記のような緊急事態になった場合は、
素早く対処に、専門の獣医師さんにみせるよう、
心がけましょう。


ハチ刺された場合

猫は、動いているものに興味を示します。
ハチも例外ではなく、飛び回る姿に、興味を示し、
かえって猫が刺されてしまうことがあります。

患部は赤くなり、腫れます。
喉や口の中などを刺された場合は、腫れと痛みで、
食べ物が喉を通らなくなります。

そんな時はまず、ハチの針を抜き、
水の中に重曹をとかし、刺された部分を綺麗に洗います。
患部は冷やしたほうが良いでしょう。

アナフィラキシーショックも考えられるので、
症状が重い場合には、ただちに病院に連れていきましょう。


毒ヘビ噛まれた場合

都会ではあまり見かけないかも知れませんが、
のどかな自然の多い地域では、ヘビも見かけます。
ヘビもハチと同様、動いているので、興味を示し、
猫から近づいていってしまうことがあります。

毒ヘビに噛まれた場合などは、その部分に、
噛み跡が残り、腫れてきます。
動くと全身に毒が回ってしまいやすいので、
なるべく安静にした状態で病院に運びましょう。


ヒキガエル触った場合

ヒキガエルは、強い毒素を分泌しています。
この毒素が猫の皮膚についてしまった場合や、
口に付着してしまった場合は、ひどい炎症を起こし、
泡を吹くこともあります。

毒素がついてしまった部分を綺麗に洗い流し、
その後、獣医師さんの診断を受けましょう。


感電した場合

猫は、家の中でも感電する恐れがあります。
屋外では送電線などに気を付けなくてはなりませんが、
家の中にも電気コードなどがあるため、
安心はできません。

コードなどに触れてしまった箇所は、
火傷状態になり、ショック状態・呼吸停止も考えられます。

呼吸が止まってしまっている場合は、
口を開け、舌を持ち、窒息しないように気をつけましょう。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 15:57 | 猫の事故や怪我の応急処置