AX
スポンサードリンク

2011年05月19日

高齢の猫の環境と新しい家族の迎え方

2cats300.jpg
子猫は、しつこいにゃ〜?


猫はきれい好きで有名な動物ですから、
若いうちは、犬よりも手がかからない子も多いでしょう。
しかし、年をとって高齢になったら、
いろいろなことに、気を配ってあげないと、
思わぬことで病気になってしまったり、
ケガや事故にあうことがあります。

ストレスを感じやすい老猫だからこそ、
より一層、大切に育ててあげたいので、
以下の2点に気をつけてください。


が暮らしていた環境を変えないこと

猫という動物は、引越しをした時や、
お部屋の配置を変えた時などに、ストレスを感じる動物です。

老猫になると、そのストレスが一層増すため、
極力、引越しやお部屋の模様替えは避けたいものです。

また、やむを得ず引越しをしなければならない時は、
なるべく猫の生活スペースを
同じような雰囲気にしてあげてください。
トイレや食器類、使っていた毛布などを、
変えないほうが、安心して過ごせることでしょう。


新しい家族子供との関係

猫は、過ごしていた環境だけではなく、
家族のちょっとした変化にも、敏感です。

とくに、新しく猫を飼う場合などは、注意が必要です。
子猫に悪気はないのですが、老猫にじゃれたり、
寝ているところを邪魔すると、
老猫にストレスを、与えてしまうことがあります。

また、老猫自身が遊べないからといって、
他の猫ばかりになるのも、老猫は嫌がります。
複数の猫を飼っている場合や、新しく子猫を飼う場合などは、
食事や可愛がるときに老猫を先にする、
部屋を老猫と別室にするなどの気配りが必要です。

しかし、逆のパターンも考えられます。
子猫と遊ぶことで、動くようになったり、
食事の量が増えたりと、いきいきとする老猫もいます。

しばらく様子を見て、猫の状態から、
どのような対処をするか、考える事が大切です。

同じように、人間の小さな子供にも敏感になります。
バタバタと走りまわったり、構われることで、
老猫はストレスを感じてしまいます。

年をとった高齢の猫にとっては、
住み慣れた環境、慣れ親しんだ家族と、
静かに落ち着いた生活が送れることなどが、
一般的に良い環境だと言えるでしょう。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 14:31 | 老猫に適した生活環境と手入れ

2011年05月18日

高齢の猫のために健康チェックと健康診断を

lovelycatP.jpg


猫が高齢になってきたら、
毎日の健康チェックや、
獣医師さんの健康診断は、
病気の早期発見に役立ちます。

時間を決めて、毎日健康チェックの時間を取り、
いつまでも快適に暮らせるようにしましょう。


毎日健康チェック

老猫のためには、毎日の健康チェックは欠かせません。
飼い主さんと猫のコミュニケーションをはかりながら、
体のいろいろな部分をチェックしてあげましょう。

全体的にチェックしたいのが、体です。
痩せすぎていないか、太りすぎていないか、
何処か痛がり触るのを嫌がるところはないか、
お腹が張ったりしていないかなど、
タッチしながら、チェックしていきます。

便秘でお腹が張っている場合は、
ぐるぐると、時計回りに撫でてあげると良いでしょう。

何か異変があった場合は、
早めに獣医師さんに診てもらいましょう。


動物病院検診を受けましょう

今までじょうぶで、病院の世話になったことがない猫でも、
高齢になってきたら、定期的に病院で検診を受けるように、
したいものです。

腎臓病は、高齢の猫にとって付き物と言えるほど、
ほとんどの老猫がかかっている病気です。
早期に発見できれば治療できますが、
気づいた時には、既に手遅れということも多い病気ですので、
定期的に検査を行っていきましょう。

長寿の猫も増えてきていますが、
その中には、1ヶ月に2回、病院で検査を行い、
健康を保っているという猫も少なくありません。

また、最近では、往診をしてくれる動物病院も増えてきているので、
老猫の病院通いのストレスを考えて、
往診を、頼むことも可能です。

定期健診はもちろん、往診をしてくれる病院や、
土日祝日、夜間の診療を行ってくれる病院など、
いつでもすぐに、動物病院にかかれるように、
電話番号などをメモしておくと安心です。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 15:28 | 老猫に適した生活環境と手入れ