AX
スポンサードリンク

2011年12月02日

ニキビダニ症(毛包虫症)の症状、原因と予防

love cat.jpg


ニキビダニ症毛包虫症)の症状原因

原因となるダニの種類は、いくつか挙げられますが、
発症は稀だといわれている病気です。

主に、耳道や顔の毛の根元に寄生することから、
毛包虫症と呼ばれています。

ダニが寄生すると、その部分の毛が抜け落ちたり、
赤い斑点ができたり、外耳炎になることがあります。
痒みはそれほど、強くないようですが、
猫種や個体によって異なります。

ダニを駆除する薬として、有機リン系の薬剤が使われます。
猫にとっては、副作用の強い薬ですので、
使用する場合は、健康状態に気を付けなくてはなりません。
薬剤異例のシャンプーを併用します。


ニキビダニ症予防

健康管理と栄養バランスを整え、
飼育環境をつねに清潔に保ちます。

ニキビダニ症は、ほかの病気が原因で、
発病することが多いので、
猫の健康状態を良くすることが、
予防につながります。

病気の早期発見のため、定期的に健康診断を、
受けることをお勧めします。



スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 17:00 | 猫の病気 皮膚

リンクスアカルス・ラボラスキーの症状・原因と治療

love cat (8).jpg


ツメダニやヒゼンダニ以外のダニでも、
たまに猫に感染することがあります。
特に、今は猫を海外から輸入することも増えているので、
海外で見つかったダニなどは、今後感染の事例が増えていく事が、
予想されます。


リンクスアカルス・ラボラスキー症状原因

リンクスアカルス・ラボラスキーという名前は、
海外で呼ばれている名前で、日本名はまだないダニの種類です。
体長は約0.5mmほどで、体つきは細く、足が太いのが特徴です。

このリンクスアカルス・ラボラスキーは、
猫だけに感染する特徴があり、
太い足で猫の毛にしがみついています。

このダニは、日本では見ないダニでしたが、
近年、海外から輸入される猫に規制していることがあり、
このダニに感染する猫も増えつつあります。

リンクスアカルス・ラボラスキーが寄生すると、
猫はフケを多く出しますが、
痒みはそれほど強くないといわれています。


リンクスアカルス・ラボラスキー診断治療

診断には顕微鏡を使います。
猫から出たフケを、顕微鏡で観察するとダニが発見できます。
肉眼でも見れないことはないようです。

治療は、良く洗い流すことです。
猫用のシャンプーを使って、良く体を洗ってあげましょう。

このダニは、足が強いのでしっかりと被毛にしがみついています。
一度では、全てのダニを駆除することができない事がほとんどです。
卵が残っている可能性も考え、
こまめに、猫の体を、洗ってあげるのが効果的です。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 16:00 | 猫の病気 皮膚