AX
スポンサードリンク

2012年04月17日

猫の日光過敏症の症状、原因と治療

cats (3).jpg


日光過敏症症状

猫の中でも、特に白い猫に多いこの病気は、
強い日光にさらされた事が原因となって起こる病気です。
頭部の毛が抜けて、抜けた部分の皮膚に、
潰瘍ができることが多いようです。

この皮膚炎をそのまま放置してしまうと、
皮膚がんに進行してしまうこともあるので、
注意が必要です。

頭、目、口、耳などの毛が抜けて、
赤い斑点ができるのが特徴です。
痒みはほとんどないようです。

日光過敏症が進むと、脱毛してしまった部分の皮膚が、
ただれ、潰瘍となってしまいます。
皮膚がんへ進行してしまう前に、治療が必要です。


日光過敏症原因

毛の白い猫や、メラニン色素が生まれつき少ない猫に、
多く見られる病気です。また、青い瞳の猫にも、
多いです。
一部分が白い三毛猫やブチ猫も、その部分が、
この病気にかかることがあります。

何故発症するのか等、詳しい原因が分かっていませんが、
日光に含まれている紫外線が原因だといわれています。


日光過敏症治療

皮膚の状態から、この病気が推測されます。
屋外で過ごしている猫なのか、屋内で過ごしている猫なのか等、
詳しく飼い主さんに聞くことで病気を特定していきます。
更に、がんの疑いがある時には、皮膚の細胞をとり、
生検をおこなって調べます。

治療の方法としては、日光を完全に避け、
紫外線を浴びないように心がけます。
屋内や日陰などで過ごせるように、工夫します。

がんの場合には、周りの健康な皮膚も含めて、
皮膚炎にかかってしまっている部分を切除します。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 16:00 | 猫の病気 皮膚

2012年04月16日

猫の肉球の皮膚炎の症状、原因と治療

cats (7).jpg


肉球皮膚炎(形質細胞性皮膚炎)の症状

猫の足の肉球部分が浮腫んでしまい、
潰瘍を起こす病気ですが、原因は解明されていません。

この病気になると、肉球の表面部分から、
プラズマ細胞(改質細胞)がたくさん見つかるので、
形質細胞性皮膚炎とよばれています。

はじめは、前足の肉球が浮腫んできます。
その後、後ろ足の肉球にもむくみがみられるようになります。
特に痛みや痒みなどはまだみられないようです。

病気が進むと、肉球の表面が潰瘍を起こし、
痛みがでてくるようになります。
肉球から出血したり、膿が出ることもあります。

ここまで進行すると、猫は足の痛みを訴えるようになり、
足をひきずる動作をするようになります。
また、体のリンパ節が腫れてくることもあります。


肉球皮膚炎(形質細胞性皮膚炎)の原因

原因はまるで分かっていません。
症状がなくなったあとでも、再発することもあるようです。


肉球皮膚炎(形質細胞性皮膚炎)の治療

肉球を見て、症状などからこの病気と診断されます。
炎症がある部分に針を指して組織を調べると、
形質細胞がたくさん見つかります。

今のところ、治療方法は見つかっていません。
副腎皮質ホルモンを与えると、症状が軽くなることも、
あるようですが、何もしていなくとも、
ある日突然、症状が軽くなることもあります。

潰瘍を起こしているなど、症状が重い場合には、
手術などの対症療法を行うこともあります。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 17:00 | 猫の病気 皮膚