AX
スポンサードリンク

2011年12月08日

猫の肥満細胞腫の治療と早期発見のために

lovecats (4).jpg


肥満細胞腫治療

皮膚にできてしまった腫瘍は、外科手術にて、
なるべく取り除いていきます。
その後、切除した腫瘍の塊を病理診断し、
腫瘍かどうかを、診断していきます。

一度に大量の腫瘍を切除するのは、
猫の体力的に、問題があることがあるため、
幾度かに分けて、外科手術をすることが多いです。

すべての腫瘍を切除したあとは、副腎皮質ホルモン剤の投与、
血管新生阻害療法を行います。
血管新生阻害療法とは、
がんに血液を供給する血管が、増えないようにし、
がんをくい止める新しい治療法のことです。

内蔵型の腫瘍の場合で、脾臓が侵されている場合は、
脾臓を摘出します。


肥満細胞腫早期発見のために

何の病気にせよ、早期発見が大切なものです。
猫の体は被毛で覆われていますが、
毎日のブラッシングや手入れ、スキンシップの際に、
米粒より小さい腫瘤を、見つけることができるかも知れません。
毎日の手入れの際には、気にしておくと良いでしょう。

腫瘤が見つかったら、すぐに獣医師のもとで診断を受け、
様子を診るか外科手術にて切除してもらいましょう。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 20:00 | 猫の病気 癌・ガン・腫瘍

猫の肥満細胞腫の症状|お腹の脾臓部分が腫れます

lovecats (2).jpg


肥満細胞腫症状

肥満細胞というのは、骨髄で作られています。
肥満細胞の腫瘍は2つに分けられ、内蔵型と皮膚型と呼ばれています。
猫よりも犬に多い病気ではありますが、猫もなる病気の1つです。

内蔵型の腫瘍の場合、骨髄、脾臓、肝臓、
肺、腸、リンパ節が病気になりやすい部分です。
この病気にかかってしまうと、食欲がなくなり、
次第に猫の元気は失われていきます。

お腹を触診すると、腫れている部分が見つけられます。
それは脾臓が腫れているということです。

また、この病気の約40%は、血液中に肥満細胞があります。
腸がこの病気になった場合には、下痢や嘔吐の症状もみられます。

小腸付近を触診してみると、腫瘍の塊が見つけられます。
この腸型の腫瘍の場合、血液中に肥満細胞は認められません。

皮膚型の腫瘍の場合には、頭部や首周りの皮膚に、
腫瘍の塊がみられるようになります。
これは初期段階で、次第に、全身へと広がっていきます。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 16:58 | 猫の病気 癌・ガン・腫瘍