AX
スポンサードリンク

2012年06月20日

猫が紐やゴムなどを口に入れてしまう

newcat (6).jpg


猫は、繊維を食べてしまうという行動がみられる動物です。
飼い主さんにはクチャクチャと遊んでいるように、
みられることもありますが、
紐などを食べてしまっていることも多々あります。

こういった猫の行動は、シャム猫に多くみられ、
ひも状のものや、ゴムなどを食べる猫もいます。


■紐を食べる猫、体はだいじょうぶ?

紐を食べたり、しゃぶったりする猫は、
その紐が飲み込まれてしまった時に体に詰まったり、
腸などに絡まってしまうことがあり、大変危険です。

特にビニール紐は危険ですので、
紐状のものは猫の届くところにないように、
充分に気をつけなくてはなりません。

上記のような状態になってしまった場合は、
手術が必要なこともあります。


■何故、猫は紐を食べるのか?

猫はウールしゃぶりとよばれる行動があります。
人間でいう指しゃぶりと同じで、子猫の癖のようなものです。

普通は、大人になるにつれなくなっていく行為ですが、
親とはなればなれになるのが早かった猫などは、
この行為が終わらないまま、引き離されるため、
行動が残ってしまうことがあります。

また、羊毛にはラノリンという動物性の脂肪があり、
これが、母猫のお腹を思い出させるからともいわれています。

こういった行動は、ウールだけではなく、
紙やビニール、土など、色々なものにみられます。

こういったしゃぶりの行動は、
猫が退屈している時や、不安を覚えている時などに、
起こりやすいため、何かをしゃぶりだした時には、
構ってあげることで止まることもあります。

この行動は、猫には心地よい行動かもしれませんが、
危険性を伴う行為ですので、
できる限り、止めさせるよう、
口にするようなものは必ず片付けるなど、
飼い主さんも気をつけてください。

スポンサードリンク
タグ:猫 紐 ゴム
posted by 猫 種類 飼い方 at 17:00 | 猫Q&A