AX
スポンサードリンク

2012年06月18日

事故への恐怖症がある猫の対処法

cat (9).jpg


猫は、自由に屋内・屋外を行き来できることが多いため、
車やバイク、自転車などとの接触事故もたえません。

そういった経験があとあとトラウマとなり、
外に出るのを極端に嫌ったり、
一時的にショック状態になることも少なくありません。

また、その事故の経験から、塞ぎこんでしまい、
家に居る時も元気がなく,常に怯えるようになることもあります。

そういった心の傷を持ってしまった猫には、
どのように対処していけば良いのでしょうか?


■猫の恐怖心を取り除くにはどうすれば良いか

家の中でも常に恐怖を感じてしまっている猫は、
家の中は安心であることを少しずつ教えていくことが大切です。
事故など恐怖感を持つ前には平気だったことを、
少しずつ、できるようにしてあげることが大切です。

家族以外の人と触れ合うことや、外の空気に触れることなど、
猫が自然と立ち直れるように仕向けてあげると良いでしょう。

また、怖がっている猫に気を使うのは、
かえって逆効果になってしまうこともあります。
恐怖心を煽らないよう、無理矢理ではなく、
自然に、生活できるようにしてあげましょう。


■猫に精神安定剤は使えるか

動物にも精神安定剤を使うことはあります。
私は、今までに飼っていた犬が雷を凄く怖がることから、
精神安定剤を与えていて、たいへん良く効きました。

しかし、こういった雷や事故など、恐怖の原因がある場合には、
精神安定剤の投与も効き目がありますが、
元々臆病な性格の猫の場合には効きづらいでしょう。

あくまでも、精神安定剤は、その場を落ち着ける薬で、
決して治すための薬ではないことを理解した上で、
使用しなくてはなりません。
獣医師さんに、アドバイスもいただくと良いでしょう。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 13:51 | 猫Q&A