AX
スポンサードリンク

2012年05月17日

猫の鉤虫症の症状 原因 治療

koneko.jpg


鉤虫症症状

鉤虫症の原因となっている鉤虫は、
長さ1センチ〜2センチほどの白い糸状の虫です。
猫の小腸に住み着いて、小腸の壁の血を吸います。

鉤虫症にかかると、猫は貧血を起こすようになり、
便にちが混じり、黒くなります。
特に子猫のうちにこの病気にかかってしまうと、
症状が重くなってしまう事があり、お腹の痛み、
血が混じった便を出します。
放置してしまうと、脱水症状を起こし、
死の危険もあります。


鉤虫症原因

鉤虫が猫の小腸に寄生して血を吸うときに、
血がかたまりにくくなる物資を猫の体に注入するため、
猫は血が混じった便をすることがあります。

感染した猫の便には、鉤虫の卵が、
含まれています。鉤虫の卵は、土の中でふ化し、
幼虫になります。
これが猫の口や皮膚の中に入り込むと、
鉤虫症となります。子猫が感染してしまった場合は、
多くの場合が、母親の母乳からの感染が多いといわれています。


鉤虫症治療

便を検査し、鉤虫の卵があるかないかを探します。
その後、卵が見つかった場合には、
駆虫薬を投入し、害虫を駆除していきます。

貧血がひどい時には、輸血を行ったり、
出血がひどい場合は、止血剤を使うこともあります。

この鉤虫症にかかった猫の便は、
速やか処理することで、予防につながります。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 18:00 | 猫の病気 感染症