AX
スポンサードリンク

2012年05月10日

猫の眼瞼内反症の症状と治療

cats (5).jpg


眼瞼内反症症状

眼瞼内反とは、まぶたが内側に、
折り曲がってしまう状態のことをさします。
上のまぶた、下のまぶた、どちらも症状が出ることがあり、
どちらか片方が中に入ってしまうケースが多いようです。

猫はまつげのない動物ですが、
被毛があるため、被毛が角膜にあたって痛みがあるようです。

特に上のまぶたは動かすことが多い部分なので、
内反してしまった場合に、下のまぶたよりも、
より痛みを感じます。
先天性の内反は、ほとんどないとされていますが、
稀にペルシャ猫に、先天性の眼瞼内反症が見つかっています。

眼瞼内反症となった場合、被毛によって刺激されるため、
涙目となり、目の周りの毛が濡れていたり、
目やにの量が増えます。
また、目に不快感がありますので、しきりにこするようになり、
それが更に炎症を引き起こす原因となることがあります。


眼瞼内反症原因

一般的に、眼瞼内反症は、結膜炎や、
まぶたの傷が縮んだことが原因となって起こる病気です。
まだ小さい子猫の時に、結膜炎になってしまうと、
それが原因の1つとなって、結膜が収縮し、
内反を起こすことがあります。


眼瞼内反症治療

まぶたの状態を良く観察します。
この時、顔を触ってしまうと、まぶたが閉じてしまうので、
良く観察が出来ないため、触らずに観察のみを行います。

角膜や結膜に病気が発見出来ない場合には、
経過観察となります。炎症などを起こしている場合は、
点眼薬などでおさえることもありますが、
眼瞼内反症の場合、内反しているまぶたを元に戻す、
外科手術が行われるケースがほとんどです。


まぶた怪我

猫は、さまざまな理由で目に怪我することが多い動物です。
特に、他の猫と喧嘩になった時などは、大きな傷を負うことも、
少なくなく、充分に注意しなくてはなりません。

動物病院では、そういった場合、
抗生物質を投与し、二次感染を予防します。
まぶたが大きく切れてしまっている場合には、外科手術を行い、
傷口を縫合します。

まぶたを怪我してしまった場合は、
眼球までに傷が達していないか、一度検査することをお勧めします。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 18:00 | 猫の病気 眼