AX
スポンサードリンク

2012年05月04日

猫の肉芽腫の症状と治療

cat (5).jpg


肉芽腫症状


猫に多い皮膚病の1つです。
体の全体が脱毛し、ひどい痒みを伴います。
皮膚炎を起こしてしまった部分からは、
白血球の一種、好酸球が見つかることから、
正確には、好酸球性肉芽腫症候群とよばれています。

脱毛してしまった部分には、ただれや、
潰瘍が出来ます。
腹部やももの内側などが脱毛すると、
その部分が盛り上がって見え、ただれを起こします。
これを肉芽腫(プラーク)とよびます。

また、唇にも出来ることがあります。
唇にできてしまった潰瘍は、手術や内科療法をおこないますが、
完治は難しいとされています。


肉芽腫原因

原因ははっきりわかっていません。

しかし、この病気になる猫は、
アトピー性皮膚炎や、ノミアレルギー、
食事性のアレルギーなどを併発してることが、多いといえます。
これらは、免疫が過剰に反応する病気なので、
この病気も猫の免疫が関係しているのではないか?と、
いわれています。
また、ストレスも原因の1つなのでは?といわれています。


肉芽腫治療

潰瘍ができている部分、ただれができている部分を調べ、
血液の検査をすると、好酸球がみつかります。

治療には副腎皮質ホルモン剤を与え、
炎症をおさえることからはじめます。

ノミアレルギーの場合には、ノミの駆除、
食事性のアレルギーの場合には、食事の変更など、
原因となっているアレルギーを除くようにします。

理由はわかっていませんが、
抗生物質を与えると、症状が和らぐこともあります。


肉芽腫関連する病気

アトピー、接触性アレルギー、食事性アレルギーなど

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 12:00 | 猫の病気 皮膚