AX
スポンサードリンク

2012年05月01日

猫の心臓のしくみ

cat (1).jpg


心臓は、動物の体内に血液をくまなく循環させる、
ポンプのような役割をしています。
この役割は、生まれた時から死ぬ時まで、
休むことなくはたらきます。

そのため、猫も人間とおなじく、
年をとると、心臓のはたらきが衰えてきます。
人間や犬に比べると、丈夫に出来ていて、
病気になりにくい心臓を猫は持っていますが、
それでも老猫となると、心臓病になる可能性が高くなります。

また、生まれつき心臓が悪い猫もいます。


心臓しくみ

人間や犬、猫など哺乳類の心臓は、
基本的には同じしくみではたらいています。

最初に、体内を巡った血液を大静脈から受け取り、
その血液を肺に送り出します。
次に、二酸化炭素と酸素を交換した血液を肺から受け取り、
酸素を含んだ血液を大静脈に送り出します。

最初の大静脈から受け取る役割は右心房です。
右心房から右心室に送られ、灰へ送り出します。
肺から戻ってきた血液は左心房が受け取り、
最後に左心室から血液を送り出すしくみになっています。

特に左心室は、強い力が必要で、
全身に血液を循環させなくてはならないため、
右心室よりも厚い筋肉でできています。

猫はこの左心室の筋肉に異常が起こり、
心筋症になることが比較的多いです。

また、左右2つの心房の間の壁を、
心房中隔とよび、左右の寝室の間の壁を、
心室中隔とよんでいます。
つなぎ目には「弁」があり、血液の逆流を防いでいます。

壁や弁に異常が生じると、二酸化炭素を含んだ血液と、
酸素を含んだ新鮮な血液が混ざってしまったり、
血液が逆流してしまうため、重い病気になってしまうこともあります。

心臓の病は、重大な病気が多いため、
心臓に何か病気が見つかった場合には、
治療を早めに行わなくてはなりません。

スポンサードリンク
【猫の病気 心臓の最新記事】
posted by 猫 種類 飼い方 at 12:31 | 猫の病気 心臓