AX
スポンサードリンク

2012年04月18日

猫の溶血性貧血の原因、症状と治療

cats (4).jpg


溶血性貧血原因症状

体内の赤血球が非常に早いスピードでこわれ、
骨髄が新たに作り出す分では補充しきれずに起こる貧血を、
溶血性貧血といいます。

猫がこの溶血性貧血を起こす原因として、
下記の2つのことがあげられます。
1つは、生まれつき赤血球がこわれやすい異常を持っている場合、
2つ目は、赤血球を必要以上にこわす別の原因がある場合です。

多くの溶血性貧血の場合、多くは、
赤血球をこわす原因が他にあります。
赤血球寄生原虫、薬物・毒物、抗原抗体反応、リケッチアなどが、
赤血球を必要以上に破壊し、貧血となってしまいます。
また、玉ねぎに含まれる赤血球酸化障害物質も、
ヘモグロビンを酸化させるはたらきがあり、溶血性貧血を起こします。

糖尿病や甲状腺機能亢進症、リンパ腫などの病気が原因となって、
貧血が起こることもありますが、原因がわからないことも、
あります。


溶血性貧血治療

この溶血性貧血が起こると、赤血球の中の、
ヘモグロビンが変化し、ハインツ小体とよばれる物質がつくられます。
これがつくられているか、いないかを診断するために、
血液検査を行い、診断します。

治療はまず、貧血を起こしている原因物質を、
取り除くことからはじめます。骨髄のはたらきが正常な場合、
すぐに貧血は改善されます。
骨髄のはたらきに異常がみられる場合には、
輸血を行います。


溶血性貧血予防

この病気は予防が可能です。
溶血性貧血にならないために、この病気の原因物質であるものに、
猫が触れないように注意しなくてはいけません。

市販薬に含まれている、アセトアミノフェンや、
フェナチンなどが危険です。これらを含む薬などは、
猫に安直に飲ませない様にしましょう。
また、たまねぎは絶対に与えないよう心がけましょう。


溶血性貧血関連する病気

糖尿病や甲状腺機能亢進症、リンパ腫など

スポンサードリンク
【猫の病気 血液系の最新記事】
posted by 猫 種類 飼い方 at 17:00 | 猫の病気 血液系