AX
スポンサードリンク

2012年04月11日

猫の感染症の原因と予防

cat (8).jpg


ウィルス細菌感染原因

猫同士の喧嘩による感染が考えられます。
病原体に感染している猫に噛まれたり、
引っかかれると、傷口よりその病気に感染することがあります。

子猫の場合には、母親からの感染も考えられます。
胎児のうちに、母猫のお腹の中での感染、
生まれたあとに母乳から感染する場合が考えられます。

猫のしぐさとして、毛づくろいがありますが、
これもまた、感染源の1つです。
体にノミが付いていた場合や、汚れがあった場合など、
一緒に口に入れ、感染することがあります。

最後に、鳥やねずみからの感染です。
屋外で過ごすことの多い猫はこちらに注意しましょう。


感染症予防

猫の感染症の中には、ワクチン接種で、
予防できるものがあります。
代表的なものは、三種混合ワクチンです。
猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、
ネコ伝染性腸炎を予防することができます。

また別のワクチン接種で、
猫白血病ウイルス感染症を予防することもできます。

近年、アメリカでは、ネコ伝染性腹膜炎の、
ワクチンも開発されたので、すべて接種すれば、
4つの感染症を予防することができます。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 19:00 | 猫の病気 感染症