AX
スポンサードリンク

2011年12月16日

猫の胃潰瘍と急性胃腸炎の症状

cat (9).jpg


胃潰瘍急性胃腸炎症状

猫の胃や腸に炎症が起こってしまった場合、
胃腸炎となり、嘔吐を繰り返したり、下痢を繰り返します。

胃腸の病気は、急性と慢性に分けられ、
急性の場合には、症状が重く、死に至ることもあります。

胃腸炎の中でも特に、胃の炎症がひどく、
胃の粘膜が部分的にはがれてくると、胃潰瘍とされます。

胃炎よりも重い症状があらわれますが、
猫には少ない病気でもあります。

また、胃腸炎は胃炎・腸炎・小腸炎・大腸炎など、
炎症のある部分にて、細かく分類されていますが、
単独で起こることは稀であること、症状が似ていることから、
まとめて胃腸炎とよばれています。

猫が急性胃腸炎を患った場合に出る症状は、
やはり、下痢と嘔吐です。

体が弱くて下痢と嘔吐を繰り返す猫もいますが、
慢性化してくると体力が落ちるので、
早めに診察してもらいましょう。

症状が軽いと、嘔吐のみのこともあります。
特に激しい胃炎になると、水を飲んだだけでも嘔吐するようになり、
しまいには、水を取ることさえできなくなってしまいます。

このような状態になってしまったら、大変危険な状態ですので、
一刻も早く、動物病院にて治療が必要です。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 17:24 | 猫の病気 胃・腸