AX
スポンサードリンク

2011年12月11日

猫の皮膚がん(皮膚の腫瘍)の原因、治療、予防

cat (5).jpg


皮膚がん皮膚の腫瘍)の原因

日光の紫外線に、長時間晒されていることが原因といわれています。
これは、慢性の日光性皮膚炎が進行してがんとなるケースです。
白い猫の耳介に良くみられます。

また、猫エイズウィルスに感染してしまった場合も、
皮膚がんを発症しやすいとされているので、注意が必要です。


皮膚がん皮膚の腫瘍)の診断治療予防法

皮膚の組織を病理診断し、病気を確認します。
皮膚に病巣がみつかった場合、切除をします。
化学療法はあまり効果的でないため、
切除後は、放射線治療を行なっていきます。

日光の紫外線が原因となるため、
長時間、屋外で強い紫外線を浴びないように注意します。
特に白い猫に多い病気ですので、
白い猫を飼われている方は、
紫外線に注意してあげましょう。


皮膚がん皮膚の腫瘍)に関連する病気

猫エイズウィルス感染症、日光性皮膚炎

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 14:43 | 猫の病気 癌・ガン・腫瘍