AX
スポンサードリンク

2011年12月08日

猫のリンパ腫の症状|縦隔型と消化管型

love cat (2).jpg


リンパ腫症状

猫の腫瘍の中で最も多いのが、血液とリンパ系の腫瘍です。
何故かと言うと、猫白血病ウィルスの感染があるからです。
腫瘍の種類には2通りあり、
リンパ系腫瘍と、骨髄性腫瘍があります。

リンパ腫は、造血系の腫瘍の中で最も多く、
生じた部分によって、縦隔型リンパ腫、消化管型リンパ腫、
多中心型リンパ腫、白血病型リンパ腫などに分類されています。
これらにも、猫白血病ウィルスの感染が関わってきます。

本日は、最も発症しやすい縦隔型リンパ腫と、
消化管型リンパ腫についてお話していきます。

・縦隔型リンパ腫
縦隔というのは、肺と肺の間にある部分で、表面は縦隔鏡膜と、
よばれる膜に覆われています。
その中に、心臓、大血管、気管、気管支なども含まれています。
縦隔型リンパ腫は、この縦隔に発症する腫瘍で、リンパ腫の中でも、
1番に多いものです。

縦隔型リンパ腫は、2〜3歳の若い猫に多く、
数日〜半年くらい症状が続きます。食欲不振、体重減少、
咳や嘔吐、呼吸が苦しくなるなどの症状がみられます。

・消化管型リンパ腫
消化管型リンパ腫になると、胃腸や腸間膜リンパ節が、
がんに侵されます。縦隔型リンパ腫とは違い、
8歳〜10歳前後の猫に多くみられる病気です。

症状はほぼ同じく、食欲不振、体重減少、
嘔吐や下痢などの症状がみられ、寝ている事が多くなります。



スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 12:20 | 猫の病気 癌・ガン・腫瘍