AX
スポンサードリンク

2011年12月06日

猫の食道炎の原因と治療、予防のために

cat.jpg


食道炎原因

食道の炎症の原因は、さまざまです。
刺激性の薬品を誤って口に入れてしまった場合、
石やプラスチック、ガラスなどを飲み込み、
食道を傷つけてしまった場合などが、
要因としてあげられます。

また、伝染性の呼吸器の病気など、喉の炎症から、
食道の炎症を引き起こしてしまうこともあります。

更に、胃炎や腸炎など、嘔吐を繰り返していると、
食道にダメージを与え、結果、食道炎となってしまうケースもあります。


食道炎診断治療

診断には、飼い主さんからの情報が大切です。
食べ物を食べるときの仕草におかしいところはないか、
獣医師さんに正確に伝えましょう。

その後、X線検査を行い、食道の検査を行います。

治療には、抗生物質や抗炎症薬を投与します。
食欲が極端にない場合や、食べ物が喉を通らない場合には、
人工的に栄養を与えてあげることが必要ですので、
輸液を行ったり、流動食を喉に流し込むことも治療の1つです。

食道炎が悪化し、食道狭窄が起きてしまっている場合は、
狭くなってしまっている食道を切除する、
外科手術が必要な場合もあります。


食道炎予防

食道炎は、いわゆる事故が原因となって起こることが多いです。
外に自由に行き来できる猫の場合は、
特に気を付けなくてはなりません。

家の中であっても、小さなプラスチックや紙くず、
ひもなど、異物を誤って飲み込まないように注意しましょう。

また、魚の骨などを与える人が居ますが、
骨なども食道炎の1つの原因となりえてしまいますので、
充分に注意しましょう。


食道炎に関連する病気

誤飲事故、胃炎、腸炎など

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 19:00 | 猫の病気 消化器