AX
スポンサードリンク

2011年11月25日

猫の横隔膜ヘルニアの症状|呼吸困難、歩行困難など

cat (4).jpg


横隔膜ヘルニア症状

猫の横隔膜ヘルニアの原因のほとんどは、
交通事故や猫同士の喧嘩による強い衝撃です。
屋外に自由に行き来の出来る猫は、
特に気を付けなくてはなりません。

交通事故や喧嘩などで強い衝撃を受けると、
胸部、腹部を隔てている横隔膜が敗れることがあり、
そのスキマから腹部の臓器が内部へと押し出されます。
これがヘルニアの状態です。

横隔膜ヘルニアの症状としては、その衝撃の度合により、
ヘルニアの程度が変わり、症状も変化します。
軽いヘルニアの場合は、これといった症状が出ないこともあるため、
ヘルニアであることに気づかないことも多々あります。

横隔膜ヘルニアには、先述の通り、激しい衝撃を受けた場合に、
起こる病気ですので、大抵、重いヘルニアとなり、
明らかな症状がみられるようになります。

呼吸困難、猫が立っていられない状態で、荒い呼吸を繰り返したら、
横隔膜ヘルニアになっている可能性が高いです。

また、お腹を触った際に、お腹に何も入っていないように、
細く感じることがあります。
これは、肝臓や胃、腸などといった腹部にある臓器が、
胸腔側に移動してしまうためです。

ヘルニアの症状によっては、吐き気や食欲不振などもみられます。
一刻も早く、動物病院にて診断を受けましょう。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 11:21 | 猫の病気 呼吸器