AX
スポンサードリンク

2011年11月21日

猫の膿胸の症状|病状が悪化する前に診察を

cat (3).jpg


膿胸(のうきょう)症状

膿胸という病気は、あまり聞きなれない病気名ですが、
胸膜に細菌が感染し、胸の中に膿が出ている病状です。

犬やほかのペットと比べて、
猫は、この膿胸にかかりやすく、
呼吸困難と体力低下を起こしやすい、
病気なので注意しましょう。

初期段階では、あまり症状が見られないために、
発見が遅くなることがあります。
症状を悪化させてしまう原因となるので、
じゅうぶんに観察が必要です。

膿胸が悪化してしまうと、猫は呼吸困難を起こし、
ゼーゼーとあえぐように呼吸をするようになります。
40度以上に発熱する猫もいますし、
脱水症状に陥る猫もいます。

当然、元気や食欲もなくなるので、
衰弱していってしまいます。

また、呼吸器感染などを起こしている場合には、
鼻炎の症状など、他の呼吸器の病気の症状が、
同時に出ることがあります。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 16:58 | 猫の病気 呼吸器