AX
スポンサードリンク

2011年11月20日

猫の気胸の原因と治療|原因を特定するため診察を

cat (1).jpg


気胸原因

猫の肺は、肋骨で囲まれた胸腔の中に入っています。
胸壁、気管、肺などに穴が出来ると、そこから胸腔に空気が入り、
肺が膨らまなくなってしまいます。
これが気胸の原因です。

激しい衝撃を受けたことによって引き起こされるケースが多く、
交通事故にあってしまった猫や、猫同士の喧嘩をした猫などが、
気胸になることが多いようです。

また、肺炎や気管支炎などといった呼吸器の病気によって、
引き起こされることもあります。

こういった呼吸器の病気をしている最中は、
ちょっと咳をするだけでも、肺が破れてしまい、
気胸に繋がってしまうことがあります。


気胸治療

呼吸が早くなり、動いていないのにゼーゼーとするようなら、
動物病院で早急に検査が必要です。

病院では聴診を行い、
さらに、事故や喧嘩の傷跡がないか等を調べ、
原因と特定します。

症状が浅い場合には、猫を安静にさせ、
内科療法で治します。

しかし、症状が重く呼吸困難に陥ってる場合などは、
針などを使って胸腔内の空気を取り除くことが必要です。

呼吸困難がひどい場合には、酸素吸入も行います。


気胸に関連する病気

肺炎、気管支炎など

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 15:00 | 猫の病気 呼吸器