AX
スポンサードリンク

2011年11月04日

猫の肝臓とすい臓の仕組みを知っておこう!

love cat (1).jpg


肝臓とすい臓は、食べ物を消化する時に、
消化を助ける酵素を作る役割があります。
その他にも、肝臓はいろいろな栄養素を貯蔵します。

さらに体内に入った毒物を無害にするなどの、
猫のからだには欠かせない、
大切な役割があります。
すい臓は、インスリンを分泌し、血糖値を調整しています。

肝臓や膵臓に異常が生じた場合でも、
猫のからだに大きく異変が起こることはないため、
気付きにくい病気がたくさんあります。
しかし、病気が進行し、症状が重くなってからでは、
効果的な治療ができません。

小さな事ではありますが、食欲が落ちている、
最近元気がない、良く眠るようになったなどの症状が、
見られる場合は、早めに診察してもらうと良いでしょう。


肝臓仕組み

胸と腹をへだてる横隔膜のすぐ後ろにあるのが、
猫の体内で最も大きな臓器の1つ、肝臓です。

肝臓の大きな役割が以下です。

・栄養素の分解と貯蔵
肝臓は門脈と呼ばれる静脈が運んできた血液中の栄養素で、
タンパク質を作ったり、血液中の脂肪や糖で、
グリコーゲンという物質を貯蔵したりする働きがあります。
また、肝臓はビタミンやミネラルの貯蔵庫としても、
活躍しています。

・猫の体に必要な物質の合成
肝臓は、胆汁と呼ばれる黄緑色の液体を作ります。
これは、腸が脂肪を分解・吸収するために必要となります。

また、血液を固まりにくくするヘバリンという物質や、
コレステロールも合成しています。
コレステロールと聞くと、あまり良いイメージがありませんが、
動物の体内には欠かすことの出来ないものです。

・毒物の分解
食べ物に混じっているなどの毒素を分解し、
無害にするしくみがあります。
この無害にするという働きには、グルクロン酸と呼ばれる、
物質を、有害物質に結びつけ、速やかに排出されるようにします。

猫という動物は、人間や犬に比べて、このグルクロン酸を、
作り出しにくいからだなので、毒物に弱いと言われています。


すい臓仕組み

すい臓は、十二指腸の内側にある細長い小さな器官です。
人間のすい臓とは形が異なり、2本に分かれているように、
見えます。このうち、右側に伸びているものを右葉、
左側に伸びているものを左葉とよんでいます。

主に、すい臓の役割は2つあります。
1つは、インスリンというホルモンを分泌する働き。
もう1つは、脂肪や炭水化物、タンパク質を分解する、
膵液を作ることにあります。

人間と同じように、インスリンが分泌されないと、
糖尿病にかかってしまいます。


胆のう胆管仕組み

胆汁は、肝臓から分泌され、
たくさんの管を通って、胆のうに貯蔵されます。
猫が食べ物を口にすると、胆のうが収縮し、
胆汁が十二指腸に送り出される仕組みになっています。

胆汁は、腸内で脂肪を細かくして、
脂肪の吸収や分解を助ける役割があります。
肝臓からこの胆汁を運び出す管のことを、胆管といいます。

猫の胆管とすい管は、犬とは違い、
十二指腸に届くまでに合流します。
そのため、犬よりも肝臓や胆管に異常がみられた場合に、
すい臓や十二指腸の病気を引き起こしやすくなっています。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 17:00 | 猫の病気 肝臓とすい臓