AX
スポンサードリンク

2011年06月23日

猫が感電したときの応急処置

lovelycat22 (5).jpg


人間には、なかなか思いつかないのですが、
電気コードで遊ぶことが好きで、
おもちゃにしたがる猫が多くいます。

猫の鋭い歯で、電気コードを噛んでいるときに、
芯が出てしまい感電してしまうことがあります。

また、人間が何らかの理由で、
電気コードをむきだしのまま使っていると、
光るものに興味のある猫は、咥えて感電します。

感電すると、口や舌が焼ききれ、
体全体にも後遺症が残ることがありますので、
まず、おもちゃにされないよう、
電気コードにカバーをしたり、
危ないコードは、取り除くようにします。


感電したときの応急処置

すぐにコンセントを抜いてください。
抜く前に猫に触れると一緒に感電するので、
また、猫の感電時間を短くするためにも、
まず、コンセントを先に抜くことが大切です。

そして、見た感じで異常がなくても、
獣医さんに診てもらいましょう。
猫の体温が下がらないように、
カイロや湯たんぽ、タオルを使って保温し、
そのまま、動物病院に連れて行ってあげます。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 18:14 | 猫の事故や怪我の応急処置