AX
スポンサードリンク

2011年06月04日

老猫が安全で安心できるベッド|発作などがある場合

lovelycat4.jpg


若い猫であれば、寝床を人の目の付かないところに置き、
落ち着かせて眠らせることが1番だといわれています。

高齢になり、寝たきりの状態、もしくは、寝たきりとほぼ同様の場合、
目の届く場所で介護するのが万全だといえます。

寝たきりであっても、家族の声掛けや、
スキンシップが嬉しいものですから、こまめに気にかけて、
声をかけてあげると良いでしょう。


てんかんのような発作現れる場合

年をとると、突然、てんかんのような発作が起こることがあります。
原因は不明ですが、何らかのストレスがあった時や、
疲れている時などに起こりやすいようです。

激しく痙攣を起こしたり、訳も分からず、
走りまわったりと、とても危険です。
そのような発作が現れたことがあるならば、
万が一の時に備え、
テーブルなどの角にぶつけないように、
寝床も、毛布などで囲むようにしておきましょう。

ケージに入れておくのも、事故を防ぐ1つの方法です。
寝床ごとケージに入れておけば、
暴れて、怪我をする心配がなくなります。

この時、そそうをしてしまうことがあるため、
ペットシーツを下に敷いておくと良いでしょう。

てんかん発作は、時間が経てば何事もなかったように、
いつも通りの行動をしはじめるのが一般的なので、
慌てず騒がず、冷静な対処をしてあげましょう。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 19:31 | 老猫の介護