AX
スポンサードリンク

2011年05月28日

老猫の健康状態を毎日チェック2

lovelycatV.jpg


猫が、健康に長生きするには、
飼い主さんの日々の健康管理が、とっても重要です。
排尿・排便、動作、体のチェックを、毎日行い、
老猫が長生きできる環境にしていきましょう。


■猫のトイレが近くなる、トイレの時間が長くなる

便の色をチェックすると、病気がわかることがあります。
出血をしたような、赤っぽい血便をする場合は、
出血腸炎や腫瘍が考えられます。

下痢を起こした上に血液が混じっている場合は、
直腸や大腸などに腫瘍がある可能性があります。

下痢を起こしている場合は、いろいろな病気が、
考えられるので獣医さんにきちんと診てもらいましょう。
胃腸炎や大腸炎、膵炎や呼吸不良症候群をはじめ、
食中毒、消化不良などのさまざまな原因が考えられます。

他に黄色っぽい便をする場合や、グレーっぽい便を、
することがあります。
黄色っぽい便の場合は、動物性植物が少なく、
植物性植物が多いことが原因となります。
グレーっぽい便の時は、カルシウムの与えすぎなどが、
考えられます。

便秘をして、猫の1回のトイレの時間が長くなる場合、
毛球症や腸閉塞などの可能性があります。


■猫が体をしきりに痒がる場合

体の状態を見てみましょう。
フケがないか、抜け毛がないか、毛の状態はどうか、
などが、判断ポイントになります。

フケが出る場合は、疥癬やツメダニ症など、
栄養障害や皮膚障害が考えられます。

脱毛を起こしている場合は、その部位によって違います。
例えば左右対称に抜けている場合は、ホルモン異常、
後頭部や首周りに脱毛が見られる場合は、
疥癬が考えられます。

老化をすると、猫の毛はパサつき、
毛並みが悪くなってしまうのはある程度仕方がありませんが、
ビタミンなどの栄養が不足している可能性も考えられます。


■猫の口臭が気になる、よだれが増える

口内炎などが原因となりますが、
口内炎を引き起こす原因として、
猫免疫不全ウイルス感染症、
猫白血病などが考えるため、油断はできません。

口内炎がひどくなると、痛みが伴うため、
水を飲むことすらままならなくなってしまうため、
早めの対処が必要です。

また、よだれが増える病気としては、
呼吸疾患が多いです。咽頭炎、食道閉塞などの、
病気が考えられます。

いずれも獣医さんの診察を受けましょう。

スポンサードリンク
【老猫の病気 予防と対策の最新記事】
posted by 猫 種類 飼い方 at 13:13 | 老猫の病気 予防と対策