AX
スポンサードリンク

2011年05月23日

猫のワクチン接種の効果と疑問

lovelycatT.jpg
じょうぶに育ってね!


ワクチンとは、弱く設定された病原菌のことです。
この病原菌をわざと猫の体内に取り込むことで、
猫自身がウィルスを無害にする免疫抗体を作ります。

こうして免疫抗体を作りだすことにより、
本当の病原菌が侵入しても体を守ってくれます。

猫のワクチン接種によって予防できる伝染病は、
クラミジア感染症、猫ウィルス性鼻気管炎(ヘルペスウィルス感染症)、
カリシウィルス感染症、猫伝染腸炎、猫白血病ウィルス感染症の
計5つです。

猫のワクチン接種により持続する効果は1年なので、
年に1回、ワクチン接種をすることで、
これらの病気から、高い確率で守ってくれます。

室内で飼われている猫であっても、他の猫と触れ合う機会や、
動物病院や、遊びにいった先、他の猫の飼い主さんや、
人の持ち物などから、感染することも考えられるため、
ワクチン接種は必ず行っておきましょう。


ワクチン接種で、病気にかからないの?

ワクチンを接種したとしても、免疫が作れなければ、
病気になってしまうことも考えられます。

少量のウィルスが外部から侵入する度に、
免疫を、作り出す仕組みになっているため、
ワクチン接種の回数が、増えるほど、良い免疫が作られます。


ワクチン接種をする時期は?

ワクチン接種から、次のワクチン接種を、
しなければならない時期は約1年となっています。
約1年経ったら、また、ワクチン接種を行っておきましょう。


ワクチン接種料金は?

動物病院によって異なりますが、
大体3種混合とよばれる、伝染性腸炎、猫ウィルス鼻気管炎、
カリシウィルス感染症の予防接種で、6000円ほどです。
その他の2種類については、各病院によって違い、
お得なセット料金が設定されていることもあります。


伝染病が治ったでもワクチン接種をするべき?

伝染病が治った後の免疫の具合で変化します。
中には、数ヶ月間しか、免疫を持たない子もいるので、
なるべくワクチン接種は受けたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 10:24 | 猫の飼い方育て方