AX
スポンサードリンク

2011年05月22日

高齢の猫が食べやすく栄養豊富なシニアフード

lovelycatX.jpg


ペットフード業界でも、猫の高齢化は注目され、
続々と、老猫用のシニアフードが販売されています。

あまり動けなくなってしまった老猫は、
カロリーを必要としなくなるため、
カロリーと脂肪含量が少ないシニアフードが良いでしょう。

腎臓へ負担をかけないように、たんぱく質が、
控えられたシニアフードもあります。

尿路疾患になりやすい老猫のために、
マグネシウムやカルシウムなどの量が考えられたシニアフード。

なかなか消化することが出来なくなった老猫のために、
消化しやすいシニアフードなど、いろいろなタイプの、
シニアフードが販売されています。

これらのシニアフードは、
更に、ドライタイプとウェットタイプに分けられています。
歯が弱ってしまい、硬いフードが食べられなくなった老猫は、
ウェットフードを、まだ、歯が丈夫なうちは、
できればドライタイプを与えてください。

また、ドライタイプに猫用のミルクを入れたり、
ドライタイプとウェットタイプを混ぜるのも良いでしょう。
ドライフードを食べることは、歯垢予防にもなるため、
食べれるうちは、ウェットフードを使わないのが好ましいです。


ドライタイプ長所

その名前の通り、乾燥しているキャットフードです。
高タンパク質の肉や脂肪、穀物などを配分してあります。
バランスが良く、高い濃度の栄養が含まれています。

メリットは栄養価が高いことだけではなく、
硬いドライタイプの物を食べることで、歯垢予防になります。

また、消化が弱くなった老猫には、
繊維質が多く含まれているドライタイプは、
消化活動を助けてくれる効果もあります。

しかし、乾燥していて水分の少ないフードですので、
水分をたくさん飲む方が良い老猫に与える場合は、
水をたっぷりと用意してあげる必要があります。


ウェットタイプ長所

缶詰やレトルトパックで市販されています。
カツオやマグロといった魚や、肉などに、
カルシウムやビタミンなどの栄養素が含まれています。

ドライタイプの乾燥しているという短所とは逆に、
水分が75%を占めます。
しかし、ドライタイプに比べ、値段が割高です。
また、消化はしやすいですが、高タンパク質なので、
摂取のしすぎには気をつけましょう。

ウェットタイプのキャットフードは、
合成着色料を多く使用しているものや、
合成のたんぱく質を使用していることがあるため、
キャットフード選びは、慎重に行うようにします。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 15:01 | 老猫の食事について