AX
スポンサードリンク

2011年05月21日

高齢な猫の理想的な食事環境

lovelycatU.jpg


老齢猫は、食事の内容も変えていくことが必要ですが、
同時に、食事環境を整えることも大切です。
食事を食べるのことにも量力がかかる高齢の猫が、
安全に気持ちよく食事が取れるように工夫しましょう。


リラックスできる食事環境を作る

老齢猫にとって、リラックスできる、
落ち着いた場所で食事を取ることは、非常に大切です。

特に、小さなお子さんの居る家族や、
他の猫を飼われている場合など、
落ち着いて老齢猫が食べられないことがあります。

食事を取る場合は、別室で取るようにするなど、
なるべく静かなところで落ち着いて自分の食事を、
ゆっくり取れるようにしてあげてください。

また、老化が進むと足腰が弱くなり、
体を下に向けてご飯をたべることが困難になります。

辛そうにしている時は、ご飯を置く位置を、
台などを使って、少し高くしてあげると、
食べやすくなります。


水分補給がしやすい工夫

老齢猫の多くは、腎臓を悪くしてしまいます。
腎臓が悪くなってしまった猫は、水分補給が大切になり、
水を頻繁に飲むことが健康に繋がります。

外出で家を空ける際は、何個か水を用意したり、
こまめに取り替えてあげるなどの気配りが必要です。

あまり、水を飲むことが好きではない老齢猫は、
便秘や脱水症状を起こすこともあります。
そういった猫には、ウェットタイプのキャットフードが、
市販されていますので、食事で水分を補うようにしましょう。


老齢猫食事口内炎

高齢になってくると、腎臓病とともに、
口内炎になってしまう猫も多いそうです。
口内炎が悪化してしまうと、食事を取るのも嫌がり、
脱水症状や栄養失調になってしまう恐れがあります。

猫用の流動食などを使って、
食事をきちんと取らせるようにしてください。

口内炎の症状として、よだれが多くなることが、
挙げられます。口の中を痛がるようになると、
食事を取りにくくなるので、そうなる前に、
動物病院で診察を受けましょう。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 11:32 | 老猫の食事について