AX
スポンサードリンク

2011年05月14日

高齢の猫にとって危険な場所と対策

lovelycatI.jpg


高齢危険場所

若いうちも充分に気をつけなければなりませんが、
老齢猫になると、もっと慎重に気をつけたいことが、
たくさん出てきます。

例えば、お風呂場やベランダやキッチンです。
若い猫でも充分に気をなければならない場所は、
老齢猫にとっては、さらに気をつけなければいけない場所です。

身体能力が落ちてしまっていることに、
猫自身が気づいていないことも多く、乗れるはずだった場所に、
乗れなかったり、バランスを崩してしまうこともあります。
充分に気をつけましょう。


ケージ利用しましょう

猫が高齢になると、突然暴れだしたり、鳴き声を
あげることもあります。
人間でいう痴呆症の症状だといわれています。

また、失明や耳の病気が原因となって、
同じところをぐるぐると徘徊することもあります。
真っ直ぐに歩けなくなり、転んでしまうこともあるため、
注意してあげなければなりません。

こういった時に便利なのが、ケージや柵です。
暴れてしまった時にケージに入れると、
興奮を覚ますことができます。

ぐるぐると徘徊している時などを、
抑えることができます。
また、老齢猫のお留守番の際にも重宝します。

老齢猫のためとはいえ、ケージに慣れていない猫は、
閉じ込められることにストレスを感じてしまうことも、ありますので、
ケージに入れる時間はなるべく短く、
必要な時だけ入れるようにしましょう。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 13:29 | 老猫に適した生活環境と手入れ