AX
スポンサードリンク

2011年05月06日

猫の老化の現れ方1|毛、皮膚、目、口など

lovelycatC.jpg
まだまだ現役


猫は年齢を重ねるのに合わせて、
自分の生活スタイルを、変えていきます。

あまり動かなくなったり、遊ばなくなったり、
1日中寝て過ごすようになるのは、老化のサインです。

老化の始まりや、どういったことが老化のサインになるのかを、
ご紹介していきたいと思います。


老化

パッと見て、老化が始まったかな? と感じるのは、
被毛です。栄養不足やホルモンバランスの崩れ、
新陳代謝が悪くなるのが原因だと言われています。
このことから、抜け毛が増え、ツヤがなくなり、パサつきます。
たまに白髪のような毛が生えてくるのは、
人間と同じ原理です。

こういった毛の老化がみられるのは、
短毛種よりも長毛種が多く、
また、メスよりオスの方が、
目に見えて分かるようです。

老化が進むと、毛づくろいもしなくなるので、
さらに毛の老化に拍車がかかります。


皮膚老化

毛の老化と同時に、現れやすいのは皮膚の老化です。
だんだんと皮膚が黒ずみ潤いがなくなるので、
肉球もプニプニとした柔らかい感覚がなくなり、
ガサガサと硬くなってしまいます。
フケが目立つようになることもあるようです。


老化

前足で器用に顔を洗ったりしなくなるため、
老化が進むと目やにが目立つようになります。

気付いたら早めにとってあげないと、
病気になってしまうこともあります。
また、猫によっては、目に膜がかかっているような、
症状が見られることもあります。

角膜が炎症を起こしてしまっている場合や、
加齢が原因となる白内障などの病気が考えられます。


老化

5歳くらいになると、犬歯の先が丸くなってきます。
更に年齢を重ねると、切歯とよばれる、
犬歯の間にある、小さな前歯が抜けてきます。
下顎・上顎・その他の順番で抜けてきてしまいます。

歯が悪くなることや口臭は、
歯周病や口内炎が原因となることが多いため、
歯垢がたまらないように、
若いうちからケアをしてあげることが、
1番の予防法になります。

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 13:15 | 猫の老化とは?