AX
スポンサードリンク

2011年04月03日

ロシアンブルー、人気の猫の歴史

RussianBlueK.jpg
ロシアンブルー、賢く飼い主に懐く美しい猫
C)ペットの専門店コジマ

■アーケンジェルブルー

ロシアンブルーのように、青の色を持った猫は、
起源がほとんど推測によるため、
はっきりとした起源があまり残っていませんが、
ブルーの猫を「アーケンジェルブルー」と呼んでいた、
という記述があります。

当時、ブルーの猫は、ロシアの北西部に
生息していたそうです。
その猫を、1860年代に船乗りや商人が、
船などを使ってアーケンジェルという港町から、
イギリスへ持ち込んだとされています。

ロシアンブルーの発祥地とされている、
このアーケンジェルは、北極圏からたったの100キロという、
極寒の地であったことから、
ロシアンブルーの密集したダブルコートは、
その極寒の地で生き抜くためだったといえます。


■ロシアンブルー繁殖の歴史

1800年代のイギリスから始まったといわれています。
1875年に開かれたキャットショーでは、
「アーケンジェル・キャット」という名前で、
出陳されました。
今のロシアンブルーにそっくりの猫だったようです。
1つだけ違うのは、瞳です。
今のロシアンブルーの瞳はグリーンですが、
当時の瞳は黄色だったようです。

スパニッシュ・ブルー、フォーリン・ブルー
マルチーズブルーなどのさまざまな名前で呼ばれ、
青い猫はキャットショーなどで人気を集めていきました。

第二次世界大戦までは、発展を遂げましたが、
戦争がはじまったことによって、
ロシアンブルーも大打撃を受け、絶滅しかけました。
一部のブリーダーによって、
絶滅寸前のロシアンブルーを飼い育て繁殖し、
絶滅の危機から救ったのだそうです。


■現在のロシアンブルー

現在、日本においても、海外においても、
人気の高いロシアンブルーは、
キャットショーでも、良い成績を収め、
ますます人気を上げている猫種です。

繁殖もたくさんのブリーダーさんたちの手で、
着々と進められています。
凛とした優美なロシアンブルー、これからも、
人気や歴史が末永く受け継がれていくことでしょう。


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 14:45 | ロシアンブルー