AX
スポンサードリンク

2011年01月05日

猫に血尿や尿の異常がある

American Shorthairxx.jpg


室内で飼われている猫であれば、
「あれ?」「血が付いてる」とすぐに気付けますが、
外へ自由に出入りができる猫の場合、
飼い主さんでさえも、すぐに気付けない場合があります。
症状が進む前に気付いてあげたいところですね。


■猫に血尿や尿の異常がある原因

血尿やその他の尿の異常は、
尿を観察することで、ある程度分かります。

・血尿
血が混じっている場合、尿路結石や
尿道閉塞、急性腎炎などが考えられます。
外で尿を済ますことがある猫の場合、
症状をすぐに気付けないこともありますので、
気付いた時に症状が重くなっていることがあります。

・尿が出ていない
尿路結石や腎不全、膀胱炎などが考えられます。
尿を作る力が弱まり、少なくなっている場合と、
尿が全く作られなくなる場合があります。

後者の場合、死に至ることがあり、怖い病気が、関連してきます。
また、尿を作る力はあるのに、排尿出来ない場合もあります。

・尿の回数が多い
頻繁に尿をする場合は、1回の尿の量が少なかったり、
全く出ていないこともあります。
じゅうぶんに観察が必要です。

そのほかにも、
尿の量が多い、尿の色がおかしいなど、
いろいろな症状がありますので、
普段から尿の回数や量、色などを、
チェックしておくと、安心です。


■猫に血尿や異常がある場合の対処

血尿や尿に異常がある場合、
重大な病気の可能性があります。
犬のように散歩に連れて行く猫も少ないと思うので、
飼い主さんが普段の尿を把握していないことも、多いです。

何か異常がある場合は、
獣医師さんに診てもらいましょう。


■猫に血尿や異常がある場合の病気

肝臓炎、先天性疾患、中毒、尿路結石、
癌、腫瘍、糖尿病、尿崩症、子宮蓄膿症、
腎炎、慢性腎不全、尿路結石、尿道閉塞、急性腎炎、
膀胱炎、尿石症、前立腺肥大、糖尿病
腎不全、脱水、心不全など

スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 11:29 | 猫の病気 症状から