AX
スポンサードリンク

2008年08月17日

「グーグーだって猫である」映画化です♪


グーグーだって猫である

大島弓子おおしまゆみこ)さんのコミックグーグーだって猫である」は、猫との生活の楽しさと悲しさ出会いと別れを描いていていて、すばらしい作品です。

グーグーだって猫である」は、猫たちの喜怒哀楽の表情がとてもよく描けていて、思わずのめりこんでしまいます。猫の心がしみじみと伝わってくる名作のコミックです。

大島弓子おおしま ゆみこ1947年8月31日)

漫画家。24年組と称される少女漫画家のひとりです。
1947年8月31日 、栃木県大田原市にて生まれ、栃木県立大田原女子高等学校を卒業。

1968年、短大在学中に初めて持ち込みをした漫画『ポーラの涙』が『週刊マーガレット春休み増刊号』に掲載され、デビューしました。その後、『週刊マーガレット』『週刊少女コミック』『別冊少女コミック』『週刊セブンティーン』『LaLa』『ASUKA』などで活動しています。

映画グーグーだって猫である

監督: 犬童一心
出演: 小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、林直次郎(平川地一丁目)、伊阪達也、森三中
2008年/日本/1時間56分
配給: アスミック・エース
9月6日、シネマライズ、シネカノン有楽町2丁目、新宿武蔵野館、池袋HUMAXシネマほか全国ロードショー


スポンサードリンク
posted by 猫 種類 飼い方 at 09:46 | 猫に関する本・動画